子育て世代のヒント

子育て世代への参考プラン


  

世代に合わせた住みやすい空間を設計する事が、土屋建設の仕事です。

 

お家の顔であるエクステリアも少しの変更で、大きくそのイメージを変えてゆくところが、家造りの楽しみのひとつですね。

:クローク

家族・お客さまのコート等を風の流行る時期や花粉症対策にリビングに持ち込まない。

:物 入

階段下のスペースは、無駄なく利用。掃除道具などをスッキリ収納。

:階 段

階段はやはり中階段、コミュニーケーションの起点となる。

子供が帰ってきた事を知り。友達の顔も覚えられれて、大人との接点が自然と生まれる。

:電話台

電話を置くカウンター上の壁は、伝言用のコルクボートなどを設置すると便利。

:食品庫

食品の買い置きはもちろん。日曜雑貨の収納として。

:カウンター

炊飯器・レンジ・ポットを置くのはもちろん。重要なのは分別ゴミ用の数個のゴミ箱を目立たず納める空間。

:家事机

家事室も兼ねる考えで、洗濯物を畳んだり、アイロンがけ、待ち時間の読み書き等、

奥様専用のスペース。

:電動物干

トイレなど、日常の動線上にならず。大量の物干しスペースを確保。

:物入2

ご家族の着替え、あるいは洗濯物。買い置きの洗剤やトイレットペーパーなどのかさばる日用品の収納に。

:洗 面

あえて脱衣室以外に設置。お年頃の子供達は、身支度に時間がかかるもの。

異性の目を気にする事なく、さらにトイレの手洗いも兼ねて。

:1F洋室

親御さん、来客用など、今は不要でも、将来もう一部屋欲しくなるものです。

 

◉子供部屋について、
最初から、個室を与えてしまうより。必要に応じて成長を見守りながら、それまではオープンで使用する方法も有ります。 

 
 
:バルコニー

天気の良い日は、やはり外で洗濯物を干したいもの。また、外出中に雨が降っても安心です。

そして、収納と同じく遮音対策にもなりますね。

:ウォークインクローゼット

新築の際、たいていの奥様が欲しがる空間です。収納が楽しくなる部屋ですね。

:階段ホール

細長い廊下だけだと、圧迫感を感じるもの。植物やインテリアを置く空間を造る事で、楽しい場所に変わります。

:収 納

各部屋の収納を合わせる事で、遮音対策もアップして、プライバシーをたもつ効果も得られます。

土屋建設について土屋建設について

土屋建設について 

コンセプト

コンセプト

施工事例

施工事例

プロセス

プロセス

土屋建設について土屋建設について